FC2ブログ

木箱の中から

11月9日イギリスの買い付けより櫻さんが戻る。
今回は、どんなアンティークに出会い持ち帰ることが出来たのだろう。
首を長くしてイギリスから届く荷物を待つ。何箱?どこで?いくら?どうやって?
フーン フーン フーン
igirisuIMG_9832.jpg

たくさんの荷物の中からこんな木箱が出てきました。
どうやって開けるのかしら?
何が入っているのかしら?フランスの切手が貼ってある。
木箱をクルクル

IMG_9834.jpg

出てきたのは、美しいエナメルのグラス。
誰かが一人の女性の為に注文したエナメルのグラス。
手に取ると眠っていた100年の時間と一筋の愛が溢れ出して、私の100年であったかのように、優しい愛に触れたかのようにしばらくグラスを持ち立ち尽くしてしまいました。

                                            すみれ

ドーム 紫ナズナ文 鉢

今日は、落ち込む娘を見て雑草のようなドームの紫ナズナを重ねた。

紫ナズナ (オーブリエチア フランス名)
紫の直径2cmほどのこの花を、山野草といってよいだろうか?
DAUMの技術の高さと確かな質が岩場に群生する小さなむらさきの花を芸術品にしている。
自然界の風をもその細い茎はまとい揺れてる気がして。



IMG_8837_convert_20150811141859.jpg
風に吹かれ雨に打たれそれでもお日様がでれば4枚の花びらは、花開く。
踏まれても起き上がる強さを、日照りでも生き抜く粘りを。
豪華な花束になることはないけれど、きっと山野草の強さは、生きる道を開いて行くことになると思う:
参った時には、柔軟に難題をかわす雑草になぁーれっ。


IMG_8832_convert_20150811142044.jpg

紫ナズナ    花ことば        「君に捧げる」
E-45       ドーム         ナズナ文鉢

酸化腐食彫り エナメル彩    1900年~1910年          885000円
                              すみれ

クリスマスは過ぎたけれど…

今年もまたクリスマスは過ぎてしまいました。
クリスマスを過ぎるとあっという間に年の瀬を迎え、2014年も終わってしまいます。

IMG_9944_convert_20141226210104.jpg
E497 ひいらぎエナメル彩ガラス皿 1880年 フランス ¥75000



IMG_9945_convert_20141226210334.jpg
その季節だけに使うことができる、季節を感じさせる植物等をモチーフにした図案は1年中使うことができないだけに
何とも贅沢で、そこが魅力であります。
このエナメル彩のひいらぎのガラス皿もその一つ。
このひいらぎは西洋ひいらぎといい、イギリスではクリスマスホーリーと呼ばれています。
名前のとおりクリスマスの植物です。
ひいらぎの葉のとげはキリストの受難を表し、赤い実はキリストの血を表しています。
そんなことを知ると神妙な気持ちになってしまいますが
西洋ひいらぎの花言葉には「永遠の輝き」「家庭円満」という意味もあります。
何だか明るい気持ちになります。

IMG_9948_convert_20141226210552.jpg

クリスマスは過ぎたけれど、もう少しひいらぎのお皿を楽しみたい気分です。
こんな風におみかんをのせてこたつで家族でおしゃべりしたり


IMG_9949_convert_20141226210810.jpg


クリスマスプレゼントでいただいたチョコレートを「これ、おいしいね~」と皆で楽しんだり
忙しい年の瀬になる少し前をちょっとだけゆっくり過ごしたいな~と思ってしまいます。(な)

世にも美しいお菓子入れ

フランスのお菓子メーカーOlibitのビスケット入れとして作られたバカラの脚付きふた物。
この素敵なクリスタルのふた物のビスケットが入れられて売っていたのです。
何て夢のあるビスケットなのでしょう!
1900年頃のお品です。
古き良きパリ…という言葉がこのバカラのビスケット入れを眺めると簡単に想像できてしまいます。

IMG_9252.jpg
E942 バカラ金属脚付ふた物

若いお嬢さんのおめざ用のビスケットとして寝室のベットサイドに置かれていたのでしょうか。

IMG_9253.jpg
OLIBETというメーカーの名前入り

IMG_9254.jpg
そしてBISCUITの文字が…

IMG_9255.jpg
朝になりメイドが寝室のカーテンを開けるとベットサイドに置いてあるバカラのクリスタルに朝の光があたりキラキラと輝きだします。
まるで光の音楽を奏でるかのように
バカラのクリスタルが輝きだすと一日が始まります。


IMG_9256.jpg
こちらの蓋ものはパウダールームのコットンいれにいかがでしょう。
照明によってもクリスタルの輝き方が違います。
どんな表情をみせてくれるのか…楽しみ(な)

エナメルツバメ花器

ヴィオレッタは、アンティークショップですから私たちスッタフは、今日は、どの花器にお花を活けようかな?
なんて沢山あるアンティークの中から花に合わせ自由に選ぶことが出来ます。特権かもね。

9月5日の青葉台のお天気は、晴れのち曇りそして突然の雷とうとう大粒の雨一日何回空を見上げた
ことでしょう。自然の力には、皆無力です。

この日選んだ花器は、まーるい吹きガラスに青いツバメの花器。お花は、あまり色を入れたくなかったので
ヴィオレッタの玄関先に咲くルリマツリ。アイビーのようなグリーン一色でも良いと思います。
この花器にお水を入れて分かること。手前のツバメを見てそして水を透かして奥のツバメは?
なんと大きなツバメが幻想的に向こうの世界を飛んでいるのです。水がレンズの役割をしているのですが。

IMG_8766_convert_20140906153911.jpg
ツバメがぼたん雪のような白いドットの中を飛んでいます。
青い空を飛んだから体が空を映しているのか 海の上を飛んだから青く反射しているのか
           
                青いツバメ

青いツバメになりたいな。そんなに自由に飛べるなら。私が長期休暇に入ったら花瓶を覗いてみてください。
一羽増えているかもしれません。                                                                     
IMG_8765_convert_20140906154253.jpg
                                            
                                         (す)   E-1002 エナメルツバメ花器
                                              1920年頃 アールデコ
                                              ベルギー  ¥45000


       
Link
Antiques Violetta

AntiquesVioletta

Author:AntiquesVioletta
横浜青葉台にあるアンティークショップ、アンティークス ヴィオレッタより愛を込めて。スタッフが日々の暮らしの中で気になるアンティークをお届けします♪

What's New!
Monthly Archive
Category
Counter
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード