FC2ブログ

エミール・ガレとサイン

作家 エミール・ガレ 作品 紫陽花文花瓶 
多層被せガラス酸化腐食彫り 花瓶の中に一輪の花を溶着。

ヴィオレッタを、オープンして13年。最初のころだった。ガレの作品をはじめて手にして気分が高揚した時
のことを、いまでも覚えています。美術館で見るガレの作品が、小さなアンティーク屋ヴィオレッタにある。
感激でしょう。ヴィオレッタでは、時々明りを入れ照明としても観ていました。
エミール・ガレは、私にとって偉大な芸術家のひとりです。ガラスの中で科学と自然を駈けめぐらした人。
凄い情熱。ガラスの性質を駆使し、花瓶と言う概念を超えている。紫陽花は、のびやかに自然に活き、色彩は、あくまで優しく、静けさをまとっている。
真の作品は、いろんなことを、語りかけてくると思う。
P7120290_convert_20110827160538.jpg 

ガレのサイン。ガレは、沢山のサインの形を残しています。
きょうは、ガレに代わって言わせて頂きますが。
現代物のカメオガラスにガレのサインを入れるのは、止めてください。
知らない人を惑わすのは、恥ずかしいことだと思います。
ルーマニアのガレとか中国のガレとかそれを、贋作と言います。
ガレは、フランス ナンシーで生まれ工房もナンシーにありました。
ガレは、ルーマニア人でもなければ、中国人でもない。
ルーマニアに、技術を継承したこともない。

ガレの(カメオ彫り)酸化腐食彫りは、フッ化水素と硫酸の混合液を使いました、ガレ工房の職人は、硝子の粉とともにそれらを、吸い込み短命だったと言われています。ガレの作品には、命が入っていると思っています。

ガレは、偉大な芸術家、100年以上の年月を過ぎてもガレの作品には、感動します。

                                 (す)
L-41  ガレ 紫陽花文花瓶



P7120292_convert_20110827160816.jpg
Link
Antiques Violetta

AntiquesVioletta

Author:AntiquesVioletta
横浜青葉台にあるアンティークショップ、アンティークス ヴィオレッタより愛を込めて。スタッフが日々の暮らしの中で気になるアンティークをお届けします♪

What's New!
Monthly Archive
Category
Counter
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード