FC2ブログ

アンティークのある空間

私は、、大好きなアンティークに囲まれ、沢山のお客様と知り合う事が出来るViolettaがあっていまさらながら本当に良かったと思う。
アンティークを目の前にお客様と向かい合って、お話させていただく。人と知り合うということは、人生の彩りを深くすることね。出会わなければ知りうることのなかったそれぞれの生き方を、様々な世界を、教えて頂いたし、ともに考えてもみた。

アンティークは、不思議、頑なに鎧をまとったお客様の心を、静かに包んでいく。
アンティークは、、落ち着くと言われるけれど、私もお客様を見てそう思う。

P1050599_convert_20091115143936_20120129232926.jpg

先日お客様といつものようにアンティ-クを見ながらお話ししていたら、急に黙られて。。。
アンティークを見ていると思い出の世界に入っていくってよくあるでしょう。
私は、あぁ。。お客様は、いままでの事を走馬灯のように振り返られてるんだわと思ったのね。
暫くしてお客様は唐突に「私、いつお迎えが来てもいいわ。私の持ってる能力は、全部出し切ったから。」
とおっしゃったの。私は、ハァって言ったかしら。

お客様の言ってる能力は、もちろん英語が出来るとか裁縫が出来るとかではない。
いくつもの立ちはだかる壁を乗り越えるときには、あらん限りの知恵と能力を出して生きてきたと言っているのね。
あるときは、家族のために あるときは、日本のために。あるときは、自分のため。

生きるってそういうことなんだ。
私には、国をしょって挑むような仕事は、ないけれど、私なりの壁がある。私には、十分壁がそびえたってるようでひるんじゃうわね。
自分を自分で確認してみると力が残っていて出し切ってはいない。
ちょっと恥ずかしい。今頃気がついて。
いつまで働けるのか。体力は、続くのか。頑張りましょう。自分の力を信じて。
そう目指したい。お客様の様にすっきり静かに人生の終わりを待てるように 心落ち着くアンティークのシャンデリアの下で。

                                   (す)
Link
Antiques Violetta

AntiquesVioletta

Author:AntiquesVioletta
横浜青葉台にあるアンティークショップ、アンティークス ヴィオレッタより愛を込めて。スタッフが日々の暮らしの中で気になるアンティークをお届けします♪

What's New!
Monthly Archive
Category
Counter
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード