FC2ブログ

奥深いアフタヌーンティー

暑い日が続きますね。 皆様お元気ですか?
ヴィオレッタのアフタヌーンティー、私(F)の担当はお菓子でした。
焼き菓子・生菓子です。
何を作るかを考えた時に、徐々に熱くなっていた頃でしたので、
爽やかな柑橘類を使った物で、形が崩れにくいケーキは・・・という事で
レモンタルトに決定。
このタルト、一台は切り分けてお客様にお出しするのと、もう一台は
ガラスのケーキスタンドにのせてダムウェーターに飾りました。

作るケーキも大事なのですが、何を使うかも重要で、ケーキスタンドと共に
ビスケットジャーにも実際に焼き菓子を入れてみました。
パイ生地を作り、グラニュー糖をつけて焼き上げたのですが、
パイ生地を薄く延ばして切る時に、ビスケットジャーのサイズ(深さ)に
合わせてスティック状にしています。

アンティークで目にするビスケットジャーは、蓋付きで口が広く、
本体は深さがあります。
ハンドルがあったり、無かったり、デザインに多少の違いはあっても
どれも共通の形です。
これは当時メレンゲタイプの細長い食べ物を入れる為に作られたからという
理由があります。
シャンパンを飲みながら食べていたそうですが、優雅でお洒落ですね。

今回のアフタヌーンティーは、出来るだけフォーマルなスタイルで
というコンセプトでした。
アフタヌーンティーには歴史があり、貴族女性達の集まりだったお茶文化が
こんなにも奥深い魅力的なおもてなしだったとは、改めてイギリスの
階級社会の凄さを思い知りました。

下の画像は私が作ったスティックパイを入れていたビスケットジャーです。
優しいピンクに二羽のツバメがとってもラブリー。

アフタヌーンティー話はまだまだ続きます。
ご参加いただけなかったお客様、次回更新も楽しみにお待ちください。(F)

P8081200_convert_20130808172514.jpg
E-118 ビスケットジャー
Link
Antiques Violetta

AntiquesVioletta

Author:AntiquesVioletta
横浜青葉台にあるアンティークショップ、アンティークス ヴィオレッタより愛を込めて。スタッフが日々の暮らしの中で気になるアンティークをお届けします♪

What's New!
Monthly Archive
Category
Counter
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード