FC2ブログ

コスチュームジュエリー

5月のジュエリーレッスンは、1950年にタイムトリップです。ニューヨークのあるホテルの一室で小さなパーティーが開かれます。女優さんの部屋でしょうか?ジュエリーデザイナーの部屋でしょうか?
パ二エで膨らんだワンピースは、ヘップバーンやグレースケリーを思い出します。当時は、ハリウッド黄金時代身に着けているのは、コスチュームジュエリー。
色々な設定でレッスンはヴィクトリアン アールヌーボー エドワーディアン アール・デコと進んできましたが華やかなコスチュームジュエリーで最終回となります。この中で私は、MIRIAM HASUKELLを身に着けてご説明する役になりました。シャンパンをいただきながらの短い説明でしたので少し補足します。
ミリアム・ハスケル(1899~1981)
1924年にニューヨークのホテルの一角にコスチュームジュエリーの店を出します。
1926年には、フランク ヘスをチーフデザイナーとしてMIRIAM HASUKELLを立ち上げます。
二人ともジュエリーデザイナーではありませんでしたので最初デザイン画はなく二人で材料を目の前にハスケルがデザインを指示しヘスが組み立てるその様なはじまりだったようです。
私にはその情景が浮かぶようでどんなに楽しいひと時だったかと思うのです。
ハスケルのジュエリーは、みんなハンドメイドです。沢山の職人を雇い入れました。
たちまちハリウッドスターたちにひろがり、ヴォーグ誌を飾ります。

DSC07589_convert_20140521184756.jpg

この華やかな時代にも第二次世界大戦が始まります。ヘスは、戦場へ行き、ジュエリーの素材にも規制が出ます。
代わりになる素材としてプラスチック 木 石などが使われています。
上の写真は、まさにその時代の物ですが、華やかさに陰りを感じません。逆に新素材で出来た斬新なジュエリーです。

今回のジュエリーレッスンは、4つのブロックにわけ時代をとうして学んできましたが、どの時代にも戦争があり、生きる苦悩が尽きません。その中で情熱を注ぎ、心奪われる作品を作った人たちがいたことを知りました。
またその作品のいくつかがヴィオレッタにあり手にすることができますことに感謝したいと思います。
                                                                 (す)

B 1655 MIRIAM HHASUKELL
ネックレス バングル イヤリング
Link
Antiques Violetta

AntiquesVioletta

Author:AntiquesVioletta
横浜青葉台にあるアンティークショップ、アンティークス ヴィオレッタより愛を込めて。スタッフが日々の暮らしの中で気になるアンティークをお届けします♪

What's New!
Monthly Archive
Category
Counter
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード